はるぴっぴのブログ

Twitter→@haruuuppiii ※ブログとツイートは個人の見解です

KANA-BOONのめしださん失踪で個人的に思ったこと

この件がやたらと気になる理由

そもそも、KANA-BOONはそこまで好きってわけじゃないんですよ。

だから、普通はこういう事件が起こってもTwitterでちょっと触れるだけ。

ただ、自分はKANA-BOONが所属するヒップランドミュージックという事務所に所属するサカナクションと、ヒップランドミュージックも設立に関わったMASH A&Rという事務所に所属するフレデリックが好きなんですよ。

だからこそ、気になるという。

なぜ、飯田祐馬は病んだのか

KANA-BOONって、ぶっちゃけ全盛期に比べるとあまり存在感がないというか。

ワンマンの集客数やCD売上は一時期に比べると明らかに悪くなっていて。

ただ、数万人規模のフェスだとちゃんと人を集めるし、タイアップも多い。だから、現世代のライブキッズも「KANA-BOON」はみんな知っているし、そういう意味では他の人気を落としたバンド(グッドモーニングアメリカとか)と比べると、救いようがある点は多いと思うんですよ。

あと、芸能人が病む理由って人気の低下だけじゃない。

AKBグループや坂道グループだと、たまに休養するメンバーがいますけれど、休養した時期に人気が降下中だったメンバーってあまりいないんですよ。

「機能性低血糖症」を患い、2016年初夏に休養したAKBの岡田奈々は、初めて16人選抜(テレビに出られる)に選ばれて、総選挙でも選抜入りが期待されていた時期に休養したし。

元欅坂46の志田愛佳は、文春に撮られた直後に休養したとはいえ、人気が落ちたってわけじゃないし。

他にもいろいろなメンバーが休養を取っていますけれど、人気の低下が原因になった例ってまったくないんじゃないかな。

だから、人気の低下はあまり関係ないような気がする。どちらかというと、周囲の人間関係とかそっち方面。

この記事では人気方面メインだとか推測しちゃったけれど。(すまない)

KANA-BOONの飯田祐馬が一時失踪した件について邦ロックファンがまとめてみた - はるぴっぴのブログ

バンドがちゃんと活動できるだけで奇跡

だし、「普通に活動している間はちゃんとバンドを応援しないと」と思わされた。

これまで、一回もリアルタイムで好きな芸能人が休養したことがないので、楽しい時間は延々と続くと思っているけれど、これは幻想なのであって、実際には突然休養状態になることもあり得るんですよ。

というか、サカナクションの場合は2013年末に、紅白に出場して、お茶の間的バンドとなった…のはよかったけれど、病みまくって2014年にリリースした曲は全部暗い感じになり、「新宝島」以降は一曲作るのに9ヶ月以上かかるようになったんですよ。

ここらへんの時期って、あまりにも山口一郎が病みすぎて、「いつ活動休止になってもおかしくない」という状態で。

今はそんなことないと思えるけれど、それでも834.194は2ヶ月リリースが延びたし、油断は禁物だと思うんですよ。ぶっちゃけ。

だから、いつ活動休止になっても後悔がないようにしっかりとサカナクションとフレデリックを応援しようと思いました。まる。