はるぴっぴのブログ

Twitter→@haruuuppiii ※ブログとツイートは個人の見解です

【サカナクション】Ame(B) -SAKANATRIBE × ATM version- がエモい

前置き

6/19に、いよいよサカナクションのニューアルバム「834.194」がリリースされますねぇ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

834.194 (完全生産限定盤A 2CD+Blu-ray) [ サカナクション ]
価格:5225円(税込、送料無料) (2019/6/22時点)

楽天で購入

6年ぶりのアルバム。まぁ途中では出す出す詐欺とか、延期とかもあったわけですけれど、

【834.194】サカナクションのアルバムが発売延期になった件 - はるぴっぴのブログ

いよいよこの世にサカナクションの7thアルバムが現るわけですよ。

で、834.194には「さよならはエモーション」も収録されるんですけれど。

サカナクション - さよならはエモーション (MUSIC VIDEO)-New Album「834.194」(6/19 release)- - YouTube

「さよならはエモーション/蓮の花」のシングルに、「Ame(B) -SAKANATRIBE × ATM version-」が入っていて。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サカナクション / さよならはエモーション/蓮の花(通常盤) [CD]
価格:991円(税込、送料別) (2019/6/22時点)

楽天で購入

もともと、「Ame(B) -SAKANATRIBE MIX-」があったんですけれど、それをATM(Aoki Takamasa)がリミックスした曲なんですよ。

で、この曲、全く知られていないけれどエモさを感じるんですよね。

新宝島以降のサカナクションとアルクアラウンド~sakanactionまでのサカナクション

では、全く違うものだな~って思っていて。

新宝島以降に作られた曲は、全体的に明るい。

・新宝島

・「聴きたかったダンスミュージック、リキッドルームに」

・多分、風。

・陽炎

・忘れられないの

・ワンダーランド

あたりは確実に当てはまるんですけれど。(あとは制作秘話を読まないといまいち判断がつかないけれど、ナイロンの糸は一郎さんが20歳の頃に作ったので違う)

これ全部明るくないですか???

一方で、6thアルバム「sakanaction」までに作られた曲って、こういう曲に比べると根暗感があるんですよ。

リリースペースが遅いせいか、世間的には全く気づかれていないけれど、世間が思い描くよりサカナクションの曲って明るくなっている。

新宝島以降のサカナクションとsakanactionまでのサカナクションの中間

「さよならはエモーション/蓮の花」は、2014年11月にリリースされたんですけれど。

この時期って、ちょうど新宝島以降の"明るいサカナクション"と、sakanactionまでの"暗いサカナクション"の中間期にあたるんですよ。

で、「Ame(B) -SAKANATRIBE × ATM version-」の4:26あたりから聴いて欲しいんですけれど。

「ラララ ララ ラララララララララララララ」ってあるじゃないですか。ここの部分、多分、風。に入ったSORATOにそのあと使われるんですね。

ただしレコーディングは再度行われているので、音色は全く違う。その音色というのが、ミュージックの「ラララ」と同じなんですよね。

だから、"暗いサカナクション"と"明るいサカナクション"の狭間にいたこの時期ならではの音楽に仕上がっているという。

この曲は834.194に収録されませんけれど、貴重な~sakanactionのサカナクションと、新宝島以降のサカナクションを両方体感できる曲なので、まぁ聴いて欲しいなぁって感じです。