はるぴっぴのブログ

Twitter→@haruuuppiii ※ブログとツイートは個人の見解です

6/9 JINRO presents 岡崎体育ワンマンコンサート「BASIN TECHNO」 セトリ・ライブレポ・感想

f:id:ntvanabiglove:20190621110126j:image

前置き

岡崎体育、2017年だか2018年前半までは聴いていたんですよね。

だから、2017年以前の曲はだいたいわかる。

そこまで好きってわけじゃないけれど、情がないってわけじゃないし、SSAワンマン行こうか迷っていたんですよ。

で、結局前日夜になってフォロワーさんにチケを譲ってもらって行くことに。

まぁフレデリックのリリリピート編行けないし…。このぐらいいいでしょう←

セットリスト

第1部

Open

R.S.P

感情のピクセル

からだ

FRINDS

Horoscope

第2部

今宵よい酔い

MUSIC VIDEO

Voice of Heart

フェイクファー

スペツナズ

Okazaki Hyper Gymnastic

第3部

Stamp

新曲(アイドルっぽい)

新曲(副音声ソング?)

ポーズ

キミの冒険

Voice of Heart2

XXL

The Abyss

アンコール

鴨川等間隔

エクレア

Wアンコール

Explain

感想

会場に入ったときの第一声が「とにかくデカい!」。

※撮影OKタイムに撮影

400レベルから観ていましたけれど、本当にデカい。武道館より圧倒的にデカくて、スケール感がすさまじい。

そして、これを埋めているのもすごいなぁと思いました←

で、本編。

初っ端から、藤木直人がサプライズ登場。ライブスタッフに化けていたけれど、ステージに上がったら大歓声。

「FRINDS」で、サカナクションTとフレデリックのラババンを身につけて岡崎体育からバンドに対する恨みつらみ(ネタ)をひたすら聞かされ、(そのあと和解)「バンドっざまぁーみろ!」で中指立てるのはめちゃくちゃ楽しかった。

あと、岡崎体育のワンマンは初めてなので、第1部第2部第3部で分けているのと、MCを1曲ずつ挟むスタイルはめちゃくちゃ斬新だった。(サカナクションとフレデリックもダンスミュージックだけれど、全くMCやらないし)

第1部と第2部の間の映像は、岡崎体育が食べる映像でしたけれど、本当にどうでも良すぎた。(褒め言葉)

第2部のスペツナズと龍はエモ曲ですけれど、こういう曲が聴けるのもワンマンだからこそ。フェイクファーはまさかのエロソング。あれはフレデリックの三原健司が歌った方が似合いそう。(失礼)

第3部のアイドルっぽい新曲は、やたらめったにアイドルっぽくて、びびった。あとトロッコ乗ってました←

岡崎体育ってアイドルなの?

大きいモニターの映像で岡崎体育本人や歌詞をデカデカと映したり、制御できるペンライトがS席のお土産だったり、トロッコに乗ったり、「岡崎体育ってアイドルなの?」と思わされた。

でも、アイドルっぽいことをやっている本人は「豚」とか自虐っているし、音楽性も盆地テクノでアイドルソングかというと、そうでもない。

あとめちゃくちゃネタソングが多いし、見た目からは全くアイドルっぽいことを想像できない岡崎体育が、アイドルのライブと同じようなことをしているのが衝撃だった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】眞露 25度JINRO4L×1ケース(全4本)【to】
価格:10184円(税込、送料無料) (2019/6/21時点)

楽天で購入