はるぴっぴのブログ

Twitter→@haruuuppiii ※ブログとツイートは個人の見解です

春からというもののビビっとくる音楽がない

なんというか、最近あんましビビっとくる音楽がないような気がするんですよねー。1年前に比べたら、これだ!となる音楽は減ったというか。

3月中旬以降、ビビッときた音楽が1曲しかない

今年、ビビっときた音楽というとここらへんかなぁって感じっすね~。サカナクションとフレデリックは別として。

私立恵比寿中学 「曇天」MV - YouTube

sumika / 10時の方角【Music Video】 - YouTube

フジファブリック 『東京』-YouTube EDIT- - YouTube

THE ORAL CIGARETTES「ワガママで誤魔化さないで」Music VIdeo<TVアニメ「revisions リヴィジョンズ」OPテーマ> - YouTube

Official髭男dism - Tell Me Baby[Official Video] - YouTube

KANA-BOON 『ネリネ』Music Video(short ver.) - YouTube

あれ、6曲もあるじゃん。

でもこれ、これよくよく考えてみると3月中旬リリースの10時の方角以降、ハマったのが1曲だけってのが辛いし、ここでいう「最近」ってたぶんこれだと思う。

一応、「これ好きだなー」というのは結構あるんですよ。

最近だとOfficial髭男dismのPretender

Official髭男dism - Pretender[Official Video] - YouTube

とか、SHISHAMOのOH!SHISHAMO「OH!」 - YouTube

とか、MAN WITH A MISSIONのRemember Me

Remember Me by MAN WITH A MISSION on Spotify

とか。

あとは雨のパレードのAhead Ahead

雨のパレード -「Ahead Ahead」 - YouTube

とか、あいみょんのハルノヒ

あいみょん – ハルノヒ【OFFICIAL MUSIC VIDEO】 - YouTube

とか、そこらへん好きなんですけれどね。

でも、それらは全部「好きだけれど刺さるわけでもない」って感じなんですよ。

志向が固定化してきた

そうそう、これなんですよね。

サカナクションとフレデリックを徹底的に分析しまくった結果、なんとなく自分の好みが見えてきた。

なので自分がハマる音楽の特性ってのがわかってきたんですよ。具体的にいえば

・ゴリゴリロック(激ロックによく載っているようなメンツ)はダメ

・アジカンKANA-BOONのような正統派ギターロックは悪くはないけれどそこまでハマらない

・かといってPerfumeきゃりー非表題曲のようなゴリゴリの電子音も人間味がないのでハマらない

・ナルバリッチ雨パレシティポップSuchmosネバヤンフレンズオーサムあたりはオシャレすぎ

て人間味がないのでハマらない

・キュウソ夜ダン電話ミセスは激しすぎる

・CHAIはダンスミュージックなわりに電子音弱すぎるのと、あまりにも佇まいが個性的すぎて、好きになったときに周りからどう思われるかを計算すると…。

・イメージ含め、歌詞がメンヘラなのはNG(米津玄師、クリープ、マイヘア、yonige、ミオヤマザキあたり)

・MCが熱い系バンドは笑ってしまうし、だいたいギターロックっぽすぎてハマらない(サンボマスター、ブルエンあたり)

・歌声がか細い系だとハマらない(フォーリミ、KANA-BOONあたり)

・King Gnuは嫉妬で聴けない

・ポルカのスタンスには同意できない

・LDH系はウェーイすぎるのでハマらない

・ジャニーズはなぜかハマらない

って感じなんですよ。

で、これ全部クリアしているってそうそうにないので、激しくないものは一応聴いてみるものの、ハマらないのがほとんど。

ハマってもサカナクションとフレデリックぐらい全部が全部好きってわけじゃなくて、それでもライブに行ってみるものの、ものすごく良いかというとそうでもない。(sumika、フジファブリック、ユニゾン、バニラズあたり)

それで、「やっぱりサカナクションとフレデリックだなー!」となるわけですよ。

もはや、ドツボにハマっているというか、俺は一生この2アーティストとともに人生終わらせるんですかねぇっていうテンションです。

たぶんインディーズあされば好きなバンドとか見つかるんでしょうけれど、マイナーなものに対する拒否反応があるので、まぁ聴かないでしょうね~。それなりに有名じゃないと聴けないみたいな。(夜ダンと電話フェスで分析目的で観た方がいいんだろうけれど、観ないのは落ち目感があるから)

周りにどう思われるかを常に計算している

というかこれ、確実にありますよね。自分の場合。

サカナクションは元から有名だし、イメージも悪くない普通のミュージシャンだし、星野源も逃げ恥バブルはあったけれど、そのおかげで国民的にイメージが良くなった。

フレデリックに出会ったのはApple Musicでしたけれど、Apple Musicは"幅広い音楽を聴く人と思われたくて"使ったという経緯があって。

で、その過程でエビ中Negiccoあたりのアイドルとかにも気が向くんですけれど、周りに紹介したときの反応の悪さを想像すると、なかなか沼れない。

アイドルじゃない岡崎体育やKEYTALK、オーサムあたりも好きになりましたけれど、ここらへんは一部が好きなだけだった。

 

そうしているうちに、生き残ったのがフレデリックだったという。

今はフレデリックに全力

今はフレデリックに全力です。なぜなら、アリーナツアークラスまでに引き上げないと、"競争"のようなものに巻き込まれるようなポジションにいるから。

せっかく手に入れた"メインストリーム"という立ち位置をキープさせるために…。って感じです。

推しバンドをもう1組作りたい

サカナクションとフレデリックだけ推していても楽しいんですけれど、それとは別に推しバンドを新しく作りたいんですよね。