はるぴっぴのブログ

Twitter→@haruuuppiii ※ブログとツイートは個人の見解です

【ももクロ、リトグリ、ベボベなど】5/4 JAPAN JAM 2019 セットリスト・感想

これまで、フェスというものには1回しか行ったことがない。

 

それは去年のラブシャなのだが、このフェスで初めてフェスを体験するというのに、数日前に参戦を決めたためか、カオスな参戦記が仕上がってしまった。

【実体験】ラブシャにフェス初心者が数日前に参加を決めた結果…。 - はるぴっぴのブログ

今年は今のところ、メトロック東京1日目のチケットは確保しているし、ロッキンもサカナクションとフレデリックが出る日に行く予定。

 

あとラブシャの1日目と2日目、ワイバンの3日目も検討しているし、もしもフレデリックがメインステージのトリとかだったら、ラシュボにも行く。

 

そういう感じだから、身体慣らしをしたかった。それに、どこかで今の"邦ロック"を俯瞰したいと思っていた。しかもお目当てはフレデリックだけれど総合力では1,2日目のほうが勝ってる。

 

そういうわけで、JAPAN JAM通しを決めた。蘇我までの交通費、片道1,000円。3日間なので交通費だけで6,000円とか、ビックリだけれどまぁいいや。

 

というわけで、JAPAN JAM 2019 1日目のセットリストと感想を書きたい。

タイムテーブル

f:id:ntvanabiglove:20190504212602j:image

12:00- LOTUS STAGE Little Glee Monster

本日のお目当てその1。

 

ロッキン系のフェスだからこそ観れるアーティスト。

 

ジャンプミュージックフェスタのときに、観てみたかったもののサカナクションとは別の日に出演していたため、観れなかった。

 

というわけで、そのときの悔いを挽回するかのようなモチベーションで観た。

セットリスト

放課後ハイファイブ

好きだ。

君に届くまで

だから、ひとりじゃない

OVER

SAY!!

世界はあなたに笑いかけている

Jupiter

感想

知っている曲が4曲しかないけれど、ポップス寄りなこともあってちゃんと盛り上がれた。

 

コカコーラCMソングの世界はあなたに笑いかけているで、客のテンションが上がっていたのが印象的。

12:45- SKY STAGE 04 Limited Sazabys

フレデリック・三原健司は、04 Limited Sazabysの10周年記念イベントに呼ばれ、Letterのカバーをしたことがある。

 

またGENは三原健司より三原康司が好きで、三原康司のことはかわいがっているが、三原健司のことは雑に扱っている。それに対し、構ってちゃんである三原健司がすねるという構図が定着している。

 

フレデリックはYON FESに呼ばれたことだってあるし、つまりはフレデリックとフォーリミは仲良い。

 

ぶっちゃけ声はハイトーンすぎ女々しすぎて苦手寄りだが、まだ耐えられるタイプなので観ることにした。

セットリスト

monolith

fiction

escape

Message

My HERO

Kitchen

nem…

me?

Squall

swim

Remember

感想

セットリストを見て、「こんなにやっていたの!?」とびっくりした。

 

うーん…。という感じ。エンタメ性というか、自分との相性がめちゃくちゃ悪い。フレデリックと同年代のバンドでは売れているほうなので、期待していたけれども期待外れな感じ。

 

フォーリミの次、スカイステージはももクロで、モノノフが前のほうに来ていたので、GENが「サウンドチェックの時は顔が死んでいたけれど、思ったよりも盛り上がってもらってありがとうございます。」「でもももクロより俺らのほうがかわいいからね!」と言っていて、面白いなぁと思った。

 

あと、客がめちゃくちゃサークルまわりまくってて笑った。サークルまわれない服で来ていたので、巻き込まれないように観ていたけれど。

13:30- LOTUS STAGE Base Ball Bear

かつてのサカナクション・山口一郎の盟友。今じゃ全く絡みないけれど。

 

音楽性も、そこまで激しくないので観てみることにした。

セットリスト

17才

ポラリス

short hair

ドラマチック

The CUT

LOVE MATHEMATICS

祭りのあと

感想

フォーリミとベボベは間が10分ぐらいしかないけれど、寝坊したせいで何も食べずにライブを観ていたら、さすがに限界だったのでランチを食べた。

 

そのせいで遅れてしまった。17才は音漏れで聞こえてきて、今度こそちゃんと聴きたいと思った。

 

予習の時点で、「なぜか体に染み込む感じの音楽」だな〜と思っていたが、ライブでもマジでそういう感じだった。

 

自分の場合、頭の中でぐるんぐるん回る音楽(フレデリックとか、サカナクションとか)と右から左に流れる音楽2つの分類があって、圧倒的に前者の方が好きなんだけれど、ベボベはどっちでもなくて体に染み込む感じ。

 

なんというか、全部が"ちょうどいい"。全く知らない曲もやったけれど、だいたいノれたし、この中だと結構良かったというか、自分との相性が良かった。

 

あと、30代後半のはずなのに"青春バンド"って感じが今でもあって、すごいなぁと思った。

14:15- SKY STAGE ももいろクローバーZ

アイドルだと、ロッキンやCDJでは私立恵比寿中学や欅坂46なども出るし、でんぱ組やももクロよりそっちのほうが観たいが、出ないので観てみた。

 

ぶっちゃけ、曲はそこまで好みではない。音数が多すぎる。でも、ファンじゃない自分からみてもファンを幸せにしようという意気込みは伝わってくるし、嫌いではない。

セットリスト

あんた飛ばしすぎ!!

Chai Maxx

行くぜっ!怪盗少女 -ZZ ver.-

The Diamond Four

ココ☆ナツ

全力少女

DNA狂詩曲

感想

最初の「飛ばしすぎ!」と言っているのはなんだろう…。と思ったら、「あんた飛ばしすぎ!!」なのか。

 

歌詞を見てみたら、自己紹介ソングだった。

ももいろクローバーZ あんた飛ばしすぎ!! 歌詞 - 歌ネット

 

元々、ドルオタなので普通に盛り上がったけれど、他の要素も欲しかった。

 

ココナツでサークル周りながらポーズ決めているロックバンド勢が面白かった。あと、怪盗少女は振りマネする人めちゃくちゃいた。

16:30- LOTUS STAGE フジファブリック

本日のお目当てその2。

 

オドループのMVはスミスが監督だが、そのスミスさんに依頼した理由は、健司さんいわく「フジファブリックの銀河のMVが好きだから」。

 

フレデリックとはヒトリエ含めてスリーマンをしたこともあるし、ゆるいつながりがあるバンドだ。

 

元々はというと名前を聞いたことがあるな〜。程度だったのだが、電光石火やWater lily Flower、若者のすべてあたりを聴いてから気になるアーティストの1つになった。

 

F収録曲なら東京と破顔が好きだし、オーバーライトとかGirl Girl Girl!も好き。ぶっちゃけ、ライブが良ければ沼落ちする可能性もあるよな〜。という感じであるが、果たして…。

セットリスト

東京

O.N.E(新曲)

STAR

手紙

感想

東京が聴けてよかった。ただし、その他は手紙以外知らなかった。ちなみにO.N.Eは新曲だけれど、フジファブリックの曲だと、それなりにロックな感じだった。

 

東京の間奏ではラップをする。既存曲のタイトルを織り込んでいたけれど、毎回ああいう感じなのかな?

 

沼る…までには至らなかった。

17:15- SKY STAGE UNISON SQUARE GARDEN

本日のお目当てその3。

 

フレデリックとはUMIMOYASUで対バンしたことがあり、しかも両方のファンからどちらのアクトも好評だった。

 

本人同士の仲も良くて、斎藤宏介はフレデリックのギター・赤頭隆児をめちゃくちゃかわいがってる。

 

予習したところ、ぶっちゃけサウンド面はそこまで好みではなかったが、ちゃんと信念があって活動しているいいバンドであることは知っているので、観てみた。

セットリスト

クローバー

10% roll, 10% romance

誰かが忘れているかもしれない僕らに大事な001のこと

君の瞳に恋してない

フィクションフリーククライシス

invisible sensation

何かが変わりそう

シュガーソングとビターステップ

感想

君の瞳に恋してないとシュガソンはブチ上がったけれど、その他は全く予習していない上に、早口ボーカル+テンポが速い+スピーカーがそこまで良くない ので、何を言っているかわからず、あんまり楽しめなかった。

 

うーん…。という感じ。

 

フォーリミとユニゾンは期待外れというか、フレデリックと仲良しだからという理由で行ったものの、完全に自分の好みと合わなかった。

 

反対にBase Ball Bearはあまり期待していなかったけれど、これは良いかもと思ったし、知らない曲でも盛り上がれたし、ベストアクトに選びたい。でも、まだワンマンに行こうという気にはならない。

おまけ

入り口付近に、これまでのJAPANJAM出演者によるサインが貼られているんですが。

f:id:ntvanabiglove:20190504223122j:image
f:id:ntvanabiglove:20190504223129j:image
f:id:ntvanabiglove:20190504223126j:image

お前(サカナクションとフレデリック)ら、系列事務所の先輩後輩同士で、ダンスミュージック×バンドでCDJのアースステージに立つまでに上り詰めたのに、サインの大きさにあまりにも差がありすぎだろ

 

個人的には、これが一番の笑いポイント。