はるぴっぴのブログ

Twitter→@haruuuppiii ※ブログとツイートは個人の見解です

今、邦ロック業界がめちゃくちゃ楽しい

タイトルの通りである。

30代以上の人や、その世代の考えを飲み込んだ若い人からすれば、「今の邦楽とかクソでしょ」という考えを持っているだろうし、私もちょっと前まで思っていた。

しかしフレデリックのファンになって他のバンドも見渡すようになってから、今の邦ロック業界はすごく楽しいと思えるようになってきた。

ゲス極、サカナ、ドロス、ワンオク、セカオワの1つ下の世代が熱い

今の邦ロック業界のなにが楽しいのかって、これだ。

2012〜2015年にかけて、彼らのようなバンドが世に出たが、今はその世代の1つ下のバンドがめちゃくちゃ熱い。

人気バンドは大きいフェスの一番デカいステージで演奏するし、こぞってアリーナ公演をやったり、Zeppツアーをしたり、Mステに出たり、大きいタイアップを決めていたりする。

またホールやアリーナを意識した楽曲を出したり、新世代を担うことを意識した発言したりなど、次世代の覇権争いは激化している。

そんな各バンドが仲良しながらもバチバチやりあってる状況に熱さを感じるし、楽しさを感じる。

2019年は絶対この争いがもっと激しくなるだろうし、新しくここに加わるバンドも出てくるだろうし、ものすごく楽しみだ。

フレデリック覇権の時代は来るのか。
来て欲しいな。