はるぴっぴのブログ

Twitter→@haruuuppiii ※ブログとツイートは個人の見解です

CDJ17/18→ロッキン2018で、アース→グラス以外のアーティストが何パーセントいるのか数えてみた

CDJ17/18 アースステージ出演者→ロッキン2018

1日目

欅坂46→グラスステージ
KEYTALK→グラスステージ
miwa→グラスステージ
KICK THE CAN CREW→出演なし(ロッキン2017はグラス)
KANA-BOON→グラスステージ
WANIMA→出演なし(ロッキン2017はグラス)
ASIAN KUNG-FU GENERATION→グラスステージ

2日目

エレファントカシマシ→レイクステージ
ゴールデンボンバー→グラスステージ
きゃりーぱみゅぱみゅ→グラスステージ
東京スカパラダイスオーケストラ→パークステージ
マキシマム ザ ホルモン→グラスステージ
the HIATUS→出演なし(ロッキン2017はグラス)
10-FEET→グラスステージ

3日目

ゲスの極み乙女。→グラスステージ
NICO Touches the Walls→グラスステージ
THE ORAL CIGARETTES→グラスステージ
KREVA→出演なし(ロッキン2017はグラス)
凛として時雨→出演なし
MAN WITH A MISSION→グラスステージ
buck number→出演なし(ロッキン2017はグラス)

4日目

クリープハイプ→グラスステージ
キュウソネコカミ→グラスステージ
MY FIRST STORY→レイクステージ
04 Limited Sazabys→グラスステージ
BLUE ENCOUNT→レイクステージ
サンボマスター→パークステージ

[Alexandros]→出演なし(ロッキン2017はグラス)
氣志團→出演なし(ロッキン2017はグラス)

ともに出演した21組中、5組がグラス以外のステージに。グラス以外のステージに行く確率は23パーセントでした。

ちなみに2017年のロッキンも込みにすると、27組がともに出演していますが、この場合も5組がグラス以外のステージになっていて、確率は18パーセントにまで下がります。

なので、基本的には好きなバンドがCDJでアースステージになったら、ロッキンでもグラスステージ昇格フラグだと思っていいでしょう。